FC2ブログ

12万円の予算で弁論大会

 議会だよりの原稿を書きました。以下、全文を引用します。

英語の弁論大会予算
少なすぎるのではないか

個人質問
山本 清

質問1 京成電鉄のアクセス特急は、他の京成線よりも運賃単価が高いが、これは「総括原価」に反しているのではないか。
市長 アクセス特急の運賃については、鉄道事業法の規定に基づき、国土交通大臣の認可を受けているものと認識している。
質問2 横断歩道が消えている問題で、今年度中の見通しはどうか。
市民部長 今年度、要望を出した8カ所のうち、2カ所は白線の引き直しが行われた。しかし、昨年度から引き続き要望している箇所を含めて、補修が今年度中にすべて完了する見込みは難しい。
質問3 市制20周年記念事業のうちの小中学生英語弁論大会は、どの程度の予算を盛っているか。予算が非常に少額だ、と聞いているが。
企画財政部長 12万6000円を計上している。
再質問 その金額で英語の弁論大会ができるのか。それなりの審査委員を外部から招くだけでも、10万円単位の報酬は必要だ。これに記念品代などもかかる。せっかく良い企画を立てたのだから、もうすこしちゃんとした予算を補正でつける考えはないか。
企画財政部長 英語の弁論大会は、これから詳細をつめていき、不足なら予算措置を講じていければ、と思っている。

スポンサーサイト



コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR