FC2ブログ

私の10大ニュース1

 私が今期、2011年から2015年までの4年間でやってきたことを10選び、ニュース仕立てにしたものを昨日、新聞の折り込みに入れた。

その① ゴミ焼却場移転
 板倉市長のゴミ焼却場9住区計画の白紙撤回を一貫して支えました。板倉市長の就任以来、多数派の議員のほとんどは、板倉市長の「白紙撤回」に反対しました。山﨑山洋・前市長がURから土地を40億円で買い、合計200億円の計画で千葉ニュータウン9住区(千葉NT北地区)に建て替えることを計画していました。額が巨額すぎる、同じ地区で住宅が密集する場所での建て替えは不公正、という方針を私は市長と一緒につくり、NT9住区計画の白紙撤回を主張しました。
 当初、新しい用地が見つかる保証はなく、リスクを背負いましたが、先月、結果を出しました。クリーンセンター移転は、2015年3月3日、板倉正直・印西地区環境整備事業組合管理者と吉田区の大谷芳末区長(町内会長)との協定が成立しました。クリーンセンターは、9住区計画の時は200億円かかる見通しでしたが、現在の吉田地区の計画は、120億円程度にまで事業規模が絞り込まれています。

その② オリンピック誘致を推進
 東京オリンピックの事前キャンプ地誘致は、今年3月の組織委員会の説明会に印西市の担当職員が参加。これから全国の自治体が誘致合戦を始めます。これから3年間かけてキャンプ地は決まります。キャンプ地で有望なのは、千葉県内では現在、5つ程度です。印西市は、ボート、カヌー、クレー射撃、陸上でチャンスがあります。
 また、ボート、カヌー、クレー射撃では、本競技場についてもチャンスが残っています。国内外の選手や競技団体から会場の変更要求が出ているからです。私は1月以来、板倉市長の五輪誘致を支え、スイス、ドイツでの情報収集、プロモーション活動では英語、ドイツ語の通訳として同行しました。

その③ 横断歩道、直った!
 印西市内では、数多くの横断歩道が壊れています。千葉NT事業のための大型車が頻繁に通ることが原因の1つです。私は滝野地区で、もう少しで子どもがはねられる現場を見ました。小学校前の横断歩道。私は停車しました。左側から、子どもが横断歩道を渡ろうとしていました。しかし、後ろから来た車は、横断歩道が消えかけていたため、見えず、私がモタモタしている、と思ったのでしょう。追い抜きをかけてきました…。左からは子どもが横断歩道を渡っています。「危ない!」。私は大声で叫びました。夏で、私の車の窓が開いていたのが幸いし、子どもは止まりました。危機一髪で人身事故にはなりませんでした。
 以来、私は4回、議会の質問で「消えた横断歩道」の問題を取り上げ、学校近辺を中心に、15の横断歩道の補修をしてもらいました。今後、さらなる補修を求めていきます。

(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR