FC2ブログ

2つの怪情報、崩壊

 印西市議会、県議会の反板倉市長勢力が流した怪情報は、2つある。

 第1は、会派「市民」が政務活動費で不正をした、という誤情報。

 第2は、「板倉市長が推進するオリンピック誘致は市民を欺くもので、オリンピック誘致はすでに決着している」、という誤情報。

 第1については、監査請求で決着がついた。印西市監査委員は、詳細に調査をした末に、会派「市民」の政務活動費に、違法性・不当性はない、という結論に達した。これは、昨年8月に印西市長が出した結論、そして、板倉市長が出した結論と同じだ。会派「市民」は、リース会社ではなく個人から輪転機を借りることにより、輪転機の賃借料を2割、節約している。税金を節約したのだから、監査請求却下・棄却は当然で、そもそも、これを問題化することは冤罪作出だった。

 第2については、板倉市長が自らスイスのローザンヌにあるIOC本部に行って、確認してきた。競技場はまだ確定していない。東京五輪組織委員会の決定が、国内外の選手や競技団体、そして世論の批判を受けており、変更される可能性がある。また、事前トレーニングキャンプ地は、まだ説明会が終わったばかりであり、これから3年間かけてキャンプ地は誘致合戦が始まるところだ。

 第1、第2の怪情報は崩壊し、いずれも虚偽だということが明確になった。

 あとは、怪情報に市民が騙されるのかどうか、というところの勝負になってきた。
スポンサーサイト



コメント

Secret

Re: No title

> 政務活動費疑惑は昨年8月のことなのに何故今頃になって不当性はないと云う結論を出したのでしょうか。監査委員の職務怠慢です。選挙妨害が目的で結論を先延ばししてきたのではないでしょうか。政務活動費疑惑の捏造に関わってきた人達は当然告訴されるのでしょうね。

監査請求が出たのが2月だったために、この時期になりました。監査請求手続は、請求があった時から2カ月以内に結論を出すことが法定されています。ねつ造した人たちは、告訴・提訴します。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR