FC2ブログ

エイジズムとは何か

 エイジズムとは何か。

 印西市にある東京基督教大学の岡村直樹教授が2007年に、キリスト教系の出版社、いのちのことば社のサイトに以下のようなエイジズムの解説を書いている。抜粋・引用する。岡村教授は、この解説記事の中で、キリスト教会というアメリカの地域社会の中で見たエイジズム体験を踏まえて、非常に重要な指摘、分析をされている。

齢を重ねることの意味(1) エイジズム

岡村 直樹
東京基督教大学 准教授/日本同盟基督教団 神学教師 (引用者注:岡村牧師は、すでに同大学教授に昇格されています)

 英語に「エイジズム」という言葉がある。「レイシズム」は人種差別、「セクシズム」は性差別を表すが、「エイジズム」は年齢差別を意味する。とくに高齢者への偏見やステレオタイプ的な見方を指すことが多い。それがもっとも顕著に現れるのがマスメディアである。テレビ放送に関連したある調査で、アニメ、ドラマ、ニュースの分野で、「高齢者は不健康」「高齢者は頑固」といったイメージを助長する表現が非常に多く使われていることがわかった。…

 核家族化が進んだ日本では、アジア諸国はもとより、欧米と比べても「お年寄りを大切にする」意識の低いことが近年の調査などで明らかになっており、敬老思想は希薄化している。…

 以前、私は米国の教会で「エイジズム」に関連する研究をしたことがある。高齢の教会員へのインタビューなどで判ったことは、社会からだけではなく、教会内の「エイジズム」によって、精神的また霊的なダメージを受けている方がいることであった。本来、すべての兄弟姉妹が愛し、尊敬し合うことが教会の本分であるが、一般社会に蔓延する「エイジズム」の影響を受け、「老害」「ぼけ老人」などといった言葉が教会でささやかれることも多い。高齢者に対する批判の理由をその「年齢」にあるとするならば、それは「エイジズム」に他ならない。…

【追記 2015年3月17日】
 地域のキリスト教関係者の方から、岡村直樹牧師はすでに教授になられている、という指摘をいただきました。岡村直樹牧師が東京基督教大学の教授である、という事実は、同大学のHPで確認することができます。上記ブログの「准教授」を「教授」に書き換えるとともに、岡村教授にお詫びします。
スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR