FC2ブログ

五輪、なぜ印旛議員が反対?

 先週、3月12日の印西市議会本会議で、印旛沼の地元、旧印旛村在住の4人の議員、全員が印旛沼へのオリンピック誘致に反対したことについて、市民から「なぜ?」という質問が多数、寄せられている。

 情報収集をしてみた。どうやら、印旛の有力者によって相当な締め付けが行われたようだ。事前情報では、唯一、賛成する見通し、と言われていた吉田地区在住の酢﨑議員が反対したことからも、この「締め付け説」は信憑性がある。

 吉田地区は、クリーンセンターの誘致に成功し、今後、クリーンセンターを中心とした街づくりが期待されている。これに加えて、吉田から近い師戸でオリンピック(またはオリンピック事前キャンプ)が行われれば、さらに吉田で大規模開発が行われる可能性も出てくる。

 しかし、「オリンピック誘致が成功すると、来年は板倉再選確実、さらに、板倉無投票当選、となってしまうのではないか」、という「懸念」が、印旛の一部有力者の間に広がった、という見方が一般的だ。

 そのように考えると、なぜ酢﨑氏がオリンピック誘致に反対したのかについても、説明が可能になってくる。

 ただ。

 そのような、「板倉憎し」、という市長選の怨恨の力学、つまり、市民とは無縁の力学でオリンピック誘致の是非、という地域の最重要問題が決まってしまっていいのだろうか? このような動きに同調する酢﨑氏は、クリーンセンターについて地元吉田と板倉市長のパイプ役を務めることができるだろうか?
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR