FC2ブログ

破壊される印西市

 理由なくオリンピック誘致をつぶした印西市議会。

 理由なく「教室エアコン」をつぶした1年前と同じ構図だ。「教室エアコン」の時は、多数派(山﨑派)は、「火遊び」を市民から批判されたあげく、半年後に同じ教室エアコン予算を全会一致で可決した。

 しかし、今回の場合は、次の6月定例議会でオリンピック誘致予算を可決しても、もう遅い。ボート、カヌー競技場は決まっている。

 印西市が、怨恨議会によって破壊されていく。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

敵は印旛4市議に本埜の1市議とはっきりした訳です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

群れの中で、無能な人間が有能な人間を妬む空気が生まれるのはよくあることです。
困るのは、無能な人間が多数になった時、もはや理屈も良識も通じなくなることです。今の市議会がそのような状況にあるとしたら、それを生み出した我々市民も反省しなければなりますまい。

Re: タイトルなし

> 競技場はまだ可能性あるのでは?
> あちらから選んでもらえるかも?
> たなからぼたもち的に?

 まず、無理です。印旛沼には今、競技場がないので、まったく知られていません。プロモーションしないと誘致の可能性はゼロです。そして、そのプロモーションのための予算がきょう、委員会で否決されました。

Re: No title

> >群れの中で、無能な人間が有能な人間を妬む空気が生まれるのはよくあることです。
> 困るのは、無能な人間が多数になった時、もはや理屈も良識も通じなくなることです
>
> この心理、川崎事件と類似していて震えがきます
> 否決された予算はどのくらいの金額なのでしょうか?

 オリンピック誘致の企画のための基礎調査・プロモーションのための企画書作成、さらに、ボート、カヌーの競技場のための基本計画、ボーリング調査、基本設計のための予算、合計で8700万円ほどです。

 教室エアコンは10億円事業で、そのための企画・設計予算が5000万円ほどでした。エアコンの場合の企画・設計は、ほぼすべて図面上の作業で、定型的なものです。

 今回の企画・調査・設計は、沼を調べる作業であること、五輪プロモーションのための企画は極めて専門的な分野であり通訳・翻訳業務を含むこと、教室エアコンよりも総額では大きな事業になること、などを考えると、印西市が出してきた企画・調査・設計のための予算は、妥当な金額、と私は考えています。

 金額が大きい、などの批判は、反対派議員の中からはまったく出ていません。オリンピック誘致反対派議員たちは、今回の印西市の予算案について、まともに調べることなく反対しています。予算委員会では、傾聴に値する反対論は皆無でした。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR