FC2ブログ

市長への進言

読者からの、私への質問。

>一昨日はこう仰っていましたが、まだ続けられるんでしょうか?
>>印旛出身の4人の議員、全員が明確に賛成の意思表示をしない限り、このプロジェクトは中止するべきだろう。そのように、市長に進言することにしたい。

 市長には、上記のように確かに進言しました。すると、板倉市長は以下のように返しました。

 確かに、印旛の議員がオリンピック誘致推進に協力してくれない限り、この事業は難しい。しかし、印旛地区の市民たちは、オリンピック誘致に大きな期待を寄せている。市民に罪はない。印旛の議員たちに引き続き協力を呼びかけるとともに、印旛地区から、オリンピック誘致の民意を代弁できる新しい市議の立候補予定者が現れるかどうかを注視しつつ、私としては、我慢強く誘致運動を継続したい。

 私は、まだ「ニュータウンの代表」、という意識が強い。しかし、板倉市長は市議として10回当選し、満を持して市長になった経験から、全市的な視野を持っている。

 私は、「印旛の議員たちがオリンピック誘致に反対なら、無理せず、北総線運賃をはじめとするニュータウン政策に専念したい」、という思いがあるが、市長は違う。

 市長の全市的な立場は理解できるので、私も当面、市長のオリンピック誘致を体を張って支える。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR