FC2ブログ

五輪、市議会が反対なので佐倉開催?

 東京オリンピック・パラリンピックのボートとカヌー・スプリント。佐倉市で開催するのはどうか、という意見が印西市役所の庁内で出てきている。

 印旛沼沿岸には、複数の自治体がある。印西市の師戸沖で国際規格の2200メートルのボートコースを設定することが可能だが、2200メートルなら、佐倉の沖でも取ることができる

 印旛地区の議員をはじめとする印西市議会の多数派議員が、オリンピック誘致に反対する模様だ。予算の審議が、すでに当初予定の6日から1週間、延期された。

 12日の印西市議会本会議でオリンピック誘致関連予算が否決されれば、印西市でのオリンピックの競技場誘致は終わる。

 そこで、だ。印西市役所内部で出ている案は、これまで印西市が得た情報、人脈などをすべて佐倉市に譲り、佐倉市でボート、カヌーのオリンピックを開催してもらえばどうか、という案だ。

 こうなれば、もちろん、印西市、印西市民は脇役だ。競技場、観客席など重要な施設はすべて佐倉に設置、建設される。印西市、印西市民の出番は、お手伝い程度、ということになるだろう。

 しかし、印旛沼でボート、カヌーのオリンピックが開催されない、よりはいい。

 印西市が先に誘致に着手していたにもかかわらず、実益と名誉はすべて、佐倉が取る。しかし、「海の森」で開催されるよりは、北総地域にとって、印旛沼の佐倉沖で開催される方がいい。

 市長選の怨恨で固まった印西市議会を持つ印西市民。情けないオルタナティブが今、検討され始めている。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR