FC2ブログ

印旛沼の地元議員は反対?

 印旛沼にオリンピックのボート、カヌー・スプリントの競技場、事前キャンプ地を誘致する、という板倉市長のプロジェクトは、旧印旛村が脚光を浴びる可能性を秘めている。

 しかし、どうやら印旛村出身の市議の多数は、反対のようだ。

 地元の議員が反対し、プロモーションを止めて妨害する(すでに、予算審査は延期されている)、さらに予算を通さない、ということであれば、無理してやる必要があるのか、という考え方も出てくる。

 印旛の議員の多数が反対、ということなら、私の体はひとつしかないので、北総線の値下げ、そのための裁判(第二次北総線値下げ裁判。私と大学生の息子2人が原告になっている)に専念したい、という思いがある。
スポンサーサイト



コメント

Secret

Re: No title

> 自分は賛成なのだがみんなが反対しているから自分も反対する?そんな自分で考えられないような市議は要りません。印旛からは大塚輝男・小川勇・藤代武雄・岩崎成子の4名が出ているようですが全員が反対なのでしょうか。印旛が興るチャンスなのに印旛沼周辺住民も反対しているのでしょうか。本埜はクリーンセンター誘致で活性化を図ろうとしています。

大塚氏は本埜です。印旛からは、小川勇・藤代・岩崎、そして酢﨑の4議員です。また、クリーンセンターは、印旛地区の吉田が候補地となり、3月3日、行政と吉田地区の町内会が基本協定に調印しました。

多数が反対しているから、地元を裏切って自分も反対する、という市議は要らない、というのは、私も同意見です。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR