FC2ブログ

「ナチス呼ばわり」に徹底反論

 印西市議会会派「市民」の機関紙「市民の目」が今朝(2015年3月1日)、印西市内に宅配される新聞、全戸分に折り込まれた。

 きょうは、いつもの日曜日よりも、やや広告が多めなので、他の折り込みに紛れてしまわないか、心配だ。

 オモテ面は、板倉市長が施政方針演説の中でオリンピック誘致を正式表明した、というニュース。ウラ面は、滝田県議が板倉市長のオリンピックの競技場(ボート、カヌー)とキャンプ地について誘致を始めたことを「大ボラ」、つまり嘘、と断言し、市長と会派市民の2人の議員をナチス呼ばわりしたことについて、会派代表の雨宮弘明が全面的に反論した。

 昨日、オリンピックの競技場決定期限をIOCが3月末から6月まで延期したことにより、東京湾の「海の森」でのボート、カヌーの競技開催が大きく揺れていることが明らかになった。「海の森」で固まっているのであれば、今年2月27日のリオデジャネイロで開催されたIOC理事会で他の競技のように決定・承認されたはずだ。つまり、印西市の競技場誘致は2月27のIOC理事会で、一層現実的な話になった。

 さて、印西市長の五輪の競技場、キャンプ地の誘致は、まったくありえない話で嘘なのか。それとも、嘘だ、と言う滝田県議の方が嘘をついているのか。また、市長と雨宮議員、そして私は、「ナチス呼ばわり」されるに値する情報宣伝をしているのか。それとも、滝田議員が名誉毀損をしているのか。

 印西市民の皆さんの判断を仰ぎたい。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

滝田氏は17日付のblogでの妨害宣言通り、27日のblogで県への誘致について語っています。
しかし、読めばすぐ判るように彼自身は何もしていません。にも関わらず五輪誘致が実現すれば何故か『実績』として彼は掲げるでしょう。いつものやり口です。

こんな県議はいらない

県庁でも嫌われ、同僚議員からも「一緒にしないでくれ」と言われ、ただ森田知事の提灯持ちのような議員はいらない。無風の選挙では誰に一票を入れれば良いのか。この際、山本氏か雨宮氏が立候補すべきです。応援します。

No title

誰でも閲覧できる設定のコメント欄で
ぶっ飛ばしたいヤツ
ぶっ殺しましょう
など平然とネット上にアップできる県議など絶対にいらない
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR