FC2ブログ

オリンピック漬けの毎日

 オリンピックの情報収集で一日があっという間に過ぎていく。

 組織委員会、競技団体、新聞記者、スポーツコンサルタント。様々な業種の人々から知恵をもらい、どうしたら競技場の誘致がうまくいくのかを探っている。

 通常であれば、半年か1年かけて情報収集・準備したうえで誘致に手を挙げるのだろう。しかし、今回の場合は、一度は東京湾の「海の森」に決まっていたボート、カヌーの競技場が、IOCや国際・国内競技団体の意向で宙に浮いてしまった。そして、IOCに押されて東京都も、従来の「8キロ以内のコンパクト五輪」から「分散型五輪」へ、と徐々にシフトしつつある。このような状況が判明して、年が明けて急きょ、印西市は誘致を検討し始めたので、どうしてもドタバタになる。

 次世代に、どのような印西市を残すのか。このような視点からは、オリンピックを機会に、印旛沼を日本のボート、カヌーのメッカにすることができれば、地域の振興、子どもたちの教育に大きな効果がある。

 すべての競技場は今年3月末までに決まることになっている、という報道がある。時間がない。

 誘致を成功させるためには何が必要か。走りながら考えている。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR