FC2ブログ

「0.39」、耐えられない軽さ

 印西市民の千葉県議選の一票の価値について、基本的な状況を、まず確認しておきたい。

 印西市と銚子市。人口は印西市の方が多いのに、印西市選挙区の千葉県議会議員の定数は1。銚子市選挙区の定数は2。

 一票の重さを電卓で計算すると、銚子市民の一票の重さは、「2.56」倍、ということになる。

 別の言い方をした方が分かりやすい。銚子市民の一票の重さを「1」、とすると、印西市民の一票の重さ(軽さ)は、「0.39」ということになる。

 一票の価値が議論される時、通常、「2」が基準になる。なぜなら、ある選挙区の一票の価値が別の選挙区よりも2倍ある、ということは、価値が軽い選挙区の「2人分」の投票価値を、価値が重い選挙区の住民は持ってしまっていることになる。2倍以上、ということになると、「一人一票」という近代選挙の原則(人格の平等に基づく選挙権)に正面から牴触してしまう。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

県議会

先日配布された「ちば自民党県議会リポート」「T県議会リポート」を目を皿のようにして見てもこの件についての説明がありません。あの知事と一緒の写真を載せる位ならその紙面をこの件の説明に使ったらどうだ!
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR