FC2ブログ

176条の「再議」②

 印西市議会の「えん罪」。議会が2つの虚偽をでっちあげた。①まったく問題がない会派「市民」の政務活動費に「問題がある」として、ありもしない「疑惑」の調査を開始した。②雨宮議員が、金丸和史議員の補助金水増し・受給は犯罪であり、調査が必要である、と総務企画常任委員会で発言したところ、陳謝・出席停止という「懲罰」が雨宮議員に(金丸議員に、ではなく!)科せられることになった。

 このうち、②の「懲罰」について、板倉正直市長が「手続・内容が違法である」、として、審議のやり直しを印西市議会に要求した。地方自治法176条4項によれば、議会が違法な議決をした場合には、市長は「再議」を要求することが義務づけられている。

 雨宮議員に対する印西市議会の「懲罰」の違法性について、次回では詳しく解説する。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

Re: No title

> 「調査が必要」という発言に対しての懲罰ではなかったはず。

「犯罪であり、調査が必要」と雨宮議員が調査を提案したところ、「懲罰」となったわけです。ところで、総務企画常任委員会の細かいところをよく覚えておられますね。当日、傍聴者はいなかったと思いますが、委員会のメンバーでいらっしゃるのですか?
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR