FC2ブログ

休日診療所

 年末、29日に家族が風邪をひいたため、印旛市郡医師会の成田市救急診療所に行った。午後2時ごろに行き、受付から薬をもらうまで2時間ほどかかった。

 印西市では、これまで草深にある印西平原クリニック、そして21住区にある印西総合病院が休日・夜間の診察にチャレンジしてきたが、29日にはやっていないようだった。成田市救急診療所までは車で30分程度。よし、行こう、ということになった。

 印西の車がある世帯にとっては、行けない距離ではない。しかし、車がない世帯は、タクシーで行けば片道4000円~5000円くらいはしてしまうだろう。年末・年始の時期に風邪をひいて、診察や薬なしで我慢している人も多いのではないだろうか。

 印西市の現状では、新年度に経営が変わる見通しの印西総合病院に期待するしかない。ただ、この病院がどの程度、医師を確保できるだろうか。場合によっては、地域のクリニックや日本医大病院との連携も必要になってくるのではないか。印西市の行政が果たすべき役割は大きい。

 そんなことを考えさせられた年末の休日診療所通いだった。待合室で私が風邪を拾ってしまい、正月を丸々寝て過ごす、というおまけまでついた(マスクもせず家を飛び出し、帰宅するとうがいもせず酒を飲んでしまうなど、無防備だった私の自業自得…)。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

これは全く同感です。良くも悪くも車がないと身動きがとれない。車に乗れる若いうちは良くても高齢者になったときにここに住み続けられる自信がない。
風邪お大事にどうぞ。

No title

人口密集地に総合病院がない不思議。もしかすると、総合病院はゴミ焼却場や葬儀場のようないわゆる嫌悪施設なのか?。

Re: No title

> 人口密集地に総合病院がない不思議。もしかすると、総合病院はゴミ焼却場や葬儀場のようないわゆる嫌悪施設なのか?。

 2つのことがあります。①まず、全国的な医師不足、病院不足(将来的はさらに不足)、という事情。そして、②これまでの印西市の行政の失敗。前市長が、病院を無理に市街化区域(印西においては、イコールURの土地)に誘導したため、力がある医療法人が印西市への進出を嫌ったこと。

 今回、有力な医療法人が入札によって印西総合病院の買収交渉を始めているのは、地元にとって良い兆候である、といえます。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR