FC2ブログ

学校付近の信号機、横断歩道

 ブログ読者からの質問。

>学童の通学路、交通安全の確保に当然必要である信号機が、100倍以上の設置希望があるのを知った。必要なところは、100%設置されていることと思った。道路管理者が市の場合は、100%設置されているのだろうか?されていないのならば、その理由は何か?分かれば、次回のプログで教えて欲しい。

 道路管理者が印西市の場合でも、信号の設置、そして横断歩道の設置、さらに横断歩道の補修(消えているところの引き直し)は、すべて千葉県の管轄です。つまり、印西市がどれだけ信号を設置したり、横断歩道を直したくても、千葉県が予算をつけてくれないと、できません。

 滝野小学校・中学校の前は、カーブで見通しが悪く、スピードを出す車が多数いて、子どもたちにはとても危険でした。もし、印西市に信号設置権限があれば、もっと早く設置された可能性がある、と私は思いますが、県警が決断するまで、3年以上に及ぶ住民運動が必要でした。

 市内では他にも信号要望があるし、横断歩道が傷んで消えているところが、私が知っているだけでも数十カ所あります。千葉県は、歩行者の命を軽視している、と言われても反論できません。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

常に不名誉な交通事故ワースト上位の理由のひとつと言えそうですね
歩道が無いに等しい道路も多く、ランドセルの子供が1人で歩いてる姿も見かけます
歩道の整備も進むといいですね
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR