FC2ブログ

議会と倫理

 議会基本条例の話を先週のブログ記事で書いた。少し調べたところ、全国の市町村で「議員と倫理」について具体的に定める動きがある。

 このブログでたびたび論じてきた「自治会、社会福祉協議会」などと議員の兼職について、愛知県の東海市議会では、議会基本条例および要綱にもとづき、2013年9月の議会で以下のような規制をつくった。

東海市議会議員政治倫理要綱確認事項
(趣旨)
第1条 この確認事項は、東海市議会議員政治倫理要綱第4条の規定に基づき、行政との係わりの軽重を勘案し、就任できない役職及び代表者への就任禁止並びにその他事項を規定するものである。
(就任できない役職)
第2条 町内会長、自治会長、コミュニティ会長、コミュニティ事務局長、PTA会長、区画整理や土地改良の理事長、社会福祉法人の理事長、消防団長(分団長を含む)、子ども会会長、老人会会長とする。
(代表者への就任禁止)
第3条 市から補助金等の交付を受けている団体の役員で報酬や報奨の対象である代表者。なお、地位や職務等からみて実質的に代表者として団体の運営を行っていると認められる役員も含む。ただし、下部組織の役職は含まない。
(就任禁止の役職等に就いている者が議員となる場合)
第4条 第2条及び第3条に規定する役職又は代表者に就いている者が議員となる場合は、議員の身分を有してから1月以内に当該団体に役職を辞退する旨を提出しなければならない。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR