FC2ブログ

青色発光ダイオード裁判

 中村修二教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)のノーベル賞受賞でマスコミが沸いている。「日本人が受賞」と。

 しかし、この受賞は、日本を捨てた男、日本から追い出された男の受賞だった。

 サラリーマンとして世界的な発明をしたにもかかわらず、日亜化学からの報奨金は数万円。正当な報酬を求めて知的財産権裁判を起こした中村さんは、一時は東京地裁で200億円を勝ち取ったが、上級審では裁判所に和解を促されて、8億円を勝ち取るにとどまった。

 研究者、技術者の権利を主張した中村さんは、やはりサラリーマンとしてノーベル賞を受賞した島津製作所の田中耕一さんと比較され、「日本的ではない」などと批判されることも多かった。

 がんばった個人が評価される場を求めて、中村さんはアメリカに渡った。そしてノーベル物理学賞を受賞した。

 集団から個へ、という日本社会の今後の流れを象徴する受賞だ。おめでとうございます、中村さん。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

能力の高い日本人ほど海外へ流出させてしまう傾向があることを残念に思います。日本人こそ日本のいいところを大事にしなければならないのに。
和食が世界で認められたのに、米余り。何もかもが値上がりしているのに、米価だけが大暴落。美味しいお米がとれる印西で、給食に小麦の日の方が多いことに似ています。小麦なんて食べて場合じゃありません。田んぼを辞める農家が増えれば、土地が荒れます。ぜひ田んぼ面積が多い印西から全国へ改革を発信してもらいたい。給食の米飯でガス代水道代がかさむと言うならば、家庭から白飯だけ持たせるなど、検討課題はあるはず。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR