FC2ブログ

ごみ行政、何かが起きる予感

 きょう(2014年10月4日)のごみ減量化の講演会。職員の姿が数多く見られた。15人から20人ほどいただろうか。年心にメモを取っている人もいた。

 藤井園苗さんの話は、非常に具体的で、紹介された全国の実践例の中には、印西市でもすぐに真似できそうなものもいくつかあった。

 とりあえず、イオンホールがいっぱいになり、講演会の企画は大成功。次は、今回の講演に触発された市民と職員が何を考え、どのように動くか。

 印西市のごみ行政で何かが起こりそうな予感を感じさせる一日だった。

 印西市議会は今、市長への嫌がらせのための政策の妨害(たとえば3月議会の教室エアコン予算の削除)や、冤罪のでっちあげに多数派が血道を上げるなど、くだらない卑劣な空間になっている。しかし、市議会の外では前向きに社会を変えていこうとする市民と職員がいる。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR