FC2ブログ

スコットランド独立問題

 300年続いてきた「グレート・ブリテン」(イギリス)、という国家が分裂するのか。今、世界中が注目している。

 ここ数日、このブログで論じてきた「多極共存デモクラシー」の問題ではないか、と私は思っている。

 イングランドのロンドンに首都を置くイギリスという国家が、どれだけアイルランド、ウェールズ、北アイルランドに配慮した政治をやってきたのか。しょせん、イングランド中心主義ではなかったのか。

 違いを認めたうえで譲り合う、という多極共存デモクラシーが機能していたのだろうか。イングランドがスコットランド、ウェールズ、北アイルランドに配慮することができていないのであれば、印西市の政治情勢に酷似している、といえなくもない。

 たとえば、国に1つしかない公共施設は、ほぼすべてロンドンに集中しているのではないだろうか。

 独立派、残留派の数は拮抗しているようだ。住民投票の結果は、まもなく出る。イギリスは、30年前、学生時代に1年間、留学した国。私にとって、ふるさとの1つだ。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR