FC2ブログ

印西総合病院との折衝は「秘密」??

 昨日、会派「新政」の海老原作一議員が、おもしろい質問をした。8月15日、市長室で市長と印西総合病院(緑生会)のスタッフが会った、という情報が流れたことに激怒し、印西市執行部に「警告」したのだ。

 しかし、である。公人である市長が、市長室で、だれと会い、どんな話をしたのか、という情報は、公務員の守秘義務の対象となる「秘密」だろうか。

 新聞には、総理大臣の一日の日程が毎日、だれが総理執務室に入ったか、まで詳細に書かれている。

 権力を持つ行政のトップががだれと会い、執務室でどんな話をしたのか。これは、行政をチェックするための基本情報であり、公開されていなければならない。

 では、市長の面会相手が私人である場合、市長に会ったという事実、市長との話の内容は、個人情報保護法で保護される「個人情報」であろうか。これも、答えはノー、である。

 私人が市長室で公人たる市長と会い、交わした会話は、パブリックな情報であり、「個人情報」ではない。市長の行動、言動の公開、という原則は、会談相手が私人である場合も貫かれる。そして、何よりも、印西総合病院の事務長、という人物が私人である、という主張には無理があり、印西市で公共的役割を持つ総合病院を経営する実務責任者である事務長は、そもそも「私人」ではない。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR