FC2ブログ

疑惑ねつ造疑惑、議員辞職は不可避

 小川利彦名義の怪文書が印西市議会議長らに届いた。内容は「ある会派の輪転機の領収書の筆跡が、会派収支報告書記入者(議員)の筆跡と同じ可能性がある」との趣旨。それを受け、会派「新政」と共産党が、全員協議会という政治の場で調査するよう議長に申し入れた。

 さて、論点は明確だ。領収書の筆跡と、収支報告書記載者の筆跡が同じか否か。同じであれば、収支報告書記載者である議員が辞職すればよいし、もし、同じでなければ、疑惑をねつ造した責任を取って、事実無根の「疑惑」について大騒ぎした4人の議員が辞職するべきだろう。

 いずれにしても、追及した側、追及された側、どちらかが辞職することになる。

 収支報告書と領収書を私が閲覧した限り、2つの筆跡はまったく異なる。数字を比べれば一目瞭然。勝負あった。

 議長と議会事務局は、なんとか問題を収束させようと四苦八苦しているようだ。怪文書一枚で議会の事務がひっかきまわされてしまっている。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

くだらない。。。本当にそれだけの内容の告発だったんですか?もしそれを信じるならば、あまりにもばからしい、暇な人たちですね。
もし、本当にそれだけの内容であるならばですが。。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR