FC2ブログ

政務活動費疑惑、どこの会派?

 読者からのコメント。

>「市民」に対する疑惑の可能性はありますか?

 ご心配いただき、恐縮ですが、会派「市民」に対する疑惑、ということは絶対にありません。

 なぜか?

 第1に、会派「市民」は、年間4回、市政報告をし、年間6回程度、会派広報紙を発行するなど、政務活動費をすべて活動費の趣旨に合致する目的に使ってきました。これは、他会派の収支報告と比較すれば一目瞭然です。

 第2に、印西市議会事務局から会派「市民」に対して、政務活動費の内容について、これまで問い合わせがありません。私は会派「市民」の会計責任者なので、会派「市民」の政務活動費について、印西市議会事務局が何らかの疑問を抱けば、まず私に問い合わせをします。

 今回は、元本埜村長、小川利彦氏が具体的に「疑惑」を指摘する書面を印西市議会事務局に送付した、とのこと。このような場合、手続きは以下のようになります。(つづく)

【追記・訂正】(2014年8月17日)
 文書で、印西市の政務活動費の「不正」を指摘したのが、本当に元本埜村長の小川利彦氏なのかどうか、印西市議会事務局は本人に確認していない、という情報が入ってきた。もし、そうであるならば、この文書が住民からの指摘なのか、それとも怪文書なのか、分からない、ということになる。上記の「元本埜村長、小川利彦氏が具体的に「疑惑」を指摘する書面を印西市議会事務局に送付した、とのこと」という記述は、印西市の幹部からの情報をもとに書いたのだが、議会事務局が本人確認をしていない、ということになれば、文書の差出人は未確認だ。この部分を以下のように修正する。「小川利彦を名乗る人物が具体的に「疑惑」を指摘する書面を印西市議会事務局に送付した、とのこと。」
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR