FC2ブログ

ゴミ焼却場計画と道路

 ゴミ焼却場の新設コストについて書いたところ、以下のような質問が来た。

①現在、有力な候補地に道路の計画はあるのでしょうか。
②クリーンセンターが辺地に移ったことによる塵芥車の燃料代は気にしなくて良いでしょうか。

①について。
 道路計画が従来はなかったところに、ゴミ焼却場をつくるためにわざわざ5キロ、10キロと新しい道をつくる必要があるのか、という質問と解釈しました。今、候補地になっているところで、従来計画にまったくない道路を何キロも建設しなければならない候補地は存在しません。つまり、今回のゴミ焼却場の新設のために、数億円、10億円単位、という道路建設コストがかかるところはありません。

②について。
 ゴミ収集車の燃料代は、確かに印西、白井、栄町の中央部に存在した方が安上がりでしょう。しかし近年、ゴミ収集車の燃費も大幅に向上していますし、燃費関連の経済性も、用地検討委員会の三次審査では考慮されることになっています。

 現在地ではないところにつくれば、蒸気を安く千葉ニュータウンセンターに売る必要もなくなり、高効率発電でつくった電力を売電することができ、燃料でかかるコストをかなり取り戻すことができるはずです。

 ゴミ収集車が近い将来、電気自動車になることも十分考えられますが、そうなれば、ゴミ焼却で発電した電気をそのままゴミ収集車にチャージできますね。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR