FC2ブログ

水泳授業、1億5000万円の節約

 今週、終了した2014年度の印西市教育委員会のスポーツクラブ水泳授業。永治小、本埜中の水泳授業をジョイフルアスレティッククラブで実施することにより、プール建設費が合計で1億5000万円、節約できている。

 学校プールの大規模改修には、7000万円から8000万円かかる。永治小、本埜中は小規模校であり、印西市教育委員会や地元では今、統廃合が議論されている。廃校の可能性があるのに、それぞれ7000万円から8000万円、合計1億5000万円かけてプールを作り直すのか。板倉市長は悩んでいた。そんな悩みを抱えていた昨年夏、滝野小のプール開放を主催した滝野小おやじの会が、ジョイフルアスレティッククラブ千葉NTとのジョイント企画で、無料水泳教室を企画した。

 滝野小の泳げない子ども、7人を、ジョイフルのコーチが1日2時間で3日間、合計6時間、指導した。その結果、全員が3日で25メートル、クロールで泳げるようになった。市の教育委員会スタッフも現場を視察した。

 小学校の水泳授業は、毎年、45分授業が10時間。つまり、7時間半。これを6年間続けて、合計で45時間、水泳の授業を受けても、小学校の授業では泳げるようにならない、というのが常識だ。

 だが、滝野小のプール開放の企画で「6時間」の特訓を受けた子どもたち7人は、3日間で泳げるようになった。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR