FC2ブログ

ゴミ焼却場、板倉公約の根拠

 広大な土地がある印西市は、住宅密集地にはゴミ焼却場をつくる必要がなく、また、つくることは不適切だ。できるだけ住民の生活に影響が及ばない場所を選定するべきだ――。

 このような「板倉市長公約」の根拠は何か。

 それは、ただ1つ。功利主義だ。功利主義は万能ではない。しかし、民主主義の制度を採用する以上、功利主義を無視するわけにはいかない。話し合って、最後の最後に決める時は、功利主義、つまり多数決しか方法がない。

 「最大多数の最大幸福」(ベンサム)。このような功利主義でものごとを決めたうえで、「最大多数の最大幸福」に自らの利害を反映することができなかった人については、その声に可能な限り耳を傾けなければならない。これが、ゴミ焼却場をめぐる板倉公約の神髄だ、と私は考えている。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR