FC2ブログ

「違い」があるのか、ないのか

 印西市内の地域に「違い」は存在するのか、存在しないのか。

 在来地区の人々は、家族によっては、戦国時代からこの地域に住み着き、農業を基本に生活を立ててきた。

 一方で、ニュータウン住民は、最も古い人でも40年前にこの地域に住み着いた。サラリーマンが圧倒的に多い。

 この2つのカテゴリーの人々の間に、「違い」はない、とこれまで言われてきた。「違う」と言えば、「印西市を分断するのか!」と多数派に言われた。そして、「違い」は存在しないことになり、水面下で強者が弱者を取り込んだ。

 この「取り込み」の政治、「集計デモクラシー」を続けるのであれば、5年か10年のうちに、ニュータウンが多数派になり、在来地区を取り込むことになる。

 しかし、私は、それではダメだと思う。

 それぞれが、「違い」を認め合い、いい意味での妥協をして、一方が他方を支配するのをやめなければならない。

 「違い」を認め合い、相手を尊重する。これまで、この地域にはなかった政治手法だが、この「熟議デモクラシー」を学ばなければ、バックグラウンドが異なる者が共存する印西市をつくることはできない。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR