FC2ブログ

「対立幻想論」、やはり無理

 印西市内に対立はない、という「対立幻想論」の人からのコメントを再度、紹介する。このような意見が多数、とは思わないが、対立は存在する、という私の立場から反論しておきたい。

>市役所や文化ホール等ができたのは、まだ牧の原や日医大の駅さえ無かった時代。当時は当然過ぎて、これを以って現>在地域間対立している証とするのは無理があります。また、松山下体育館は在来市街地からも十分遠いです。

 そう。市役所や文化ホールが在来地区にすでにできているからこそ、体育館はニュータウンに建設すべきではなかったのでしょうか。山﨑市長(当時)の地元近くに出来ました。合併の可能性が十分に見えていた時に、合併印西市からすれば北西の端に、体育館ができました。このような事実は、地域対立、という補助線を引くと、明瞭に説明がつく。反面、地域対立はない、という立場から説明することは困難です。

 また、遠からず、市役所の建て替えも議論することになるはずですが、人口構造を考えると、旧印西の在来地区の人が主導権を取っている現在の市議会では、どのような議論になるでしょうか。

 公共施設の偏在、つまり、地域対立は現実です。地図の上で、公共施設に赤丸を付けてみれば分かります。

 対立はない、と言う考えには、大きな無理があります。

スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

市役所庁舎は何年か前(10年近く前?)に大規模改修工事を実施したと思うが、いずれは建替えが必要になるはず。住宅地や商業地にクリーンセンターはふさわしくない。現在地のクリーンセンターが移転した跡地に市庁舎を建て、旧庁舎は支所や防災に使えば良い。
テニスコートや温水センターを含めれば現在の市庁舎の2.5倍程の敷地になる。温水センターあたりを除外したとしても1.5倍ほどだ。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR