FC2ブログ

印西市、対話が必要な「事情」

 印西市議会には今、対話が不可欠な「事情」がある。

 市内は「ニュータウン」と「在来地区」に分断されている。この2つのどちらに属しているかによって、求めていることがかなり異なる。

 ニュータウン、中でも新しいニュータウン地域では、子ども政策が求められている。教室エアコン設置政策は、このようなニュータウンの声が形になったもの、と言ってよい。

 一方で、在来地区は、高齢者対策、農業政策を求めている。

 求めるものが、かなり異なる。

 このような場合、多数決、という形で数を基準に結論を決める「集計民主主義」では、対立が残る。「集計民主主義」では、51パーセントを取った方がすべてを取る。破れた49パーセントの側には、恨みが残る。

 そこで、「熟議民主主義」が必要になる。多数決で決めない。とことん話し合って、49パーセントの側にも、しっかりと配慮した政策を実施する。

 とにかく、とことん話し合い、相手の立場に立つ。長時間、互いに言い分を聞く。

 このような「熟議民主主義」が今、印西市には必要であるにもかかわらず、市内は政治的に「ニュータウン」と「在来地区」に分断され、51パーセントを取った方が全部を支配しようとする。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

山本さんは在来地区のこともわすれていなかったのですね。ニュータウンのことだけを考えているのかと思ってました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR