FC2ブログ

議員の兼職

 議員の兼職について、このごろ、他市の市議と話す機会が複数回あった。最近の印西市議の不祥事について、感想を彼ら・彼女らに聞いてみた。

 ①自治会長を20年やっている市議が、自治会が集めた募金を横領する。
 ②自治会長をやっている市議が、市から出る自治会補助金を水増し請求し、市に詐欺で告訴される。
 ③社会福祉協議会の支部長をやっている市議が、お年寄り50人をホテルのランチバイキングにバスで連れて行った。公職選挙法違反になる可能性がある。

 このような事実を話すと、確実に笑われる。実に恥ずかしい。

 ①②③、いずれも、行政、および行政の支出(自治会への補助金、社協への補助金)を厳しくチェックしなければならない市議が、チェックされる側の「長」になっていることから起こった不祥事だ。

 白井市では、補助金を受ける団体の長にはならない、行政機関の公職(農業委員など)を兼職しない、という合意が議員の間に成立している、という。理由は、そのような職を議員と兼職すると、行政チェックができなくなるから。

 白井市議会は、印西市議会よりも、はるかに進んでいる。というより、白井市の議員たちは常識に沿った行動をしている。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR