FC2ブログ

デモクラシーの崩壊

 手続きを曲げた請願審査、議員の討論の制限、議員の議案提案権の制限。

 印西市議会で最近、山﨑派(多数派)によって推進されつつある動きだ。

 これらの動きが、なぜ問題か。

 それは、デモクラシーのルールが議会で無視されれば、多数派の支配が続いていくからだ。デモクラシーのルールさえあれば、少数派が議会の討論、審議を通して多数派になっていく可能性が残る。また、少数派の意見が存在したことが記録に残る。

 しかし、少数派市民、少数派議員の「口」が封じられてしまえば、少数派の意見は記録にすら残らない。その結果、次の選挙で市民が判断材料にしたくても、記録に残っていないのだから、正式記録の中で確認する方法がない。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

中央から地方まで、デモクラシー無視の脱法(実は「違法」。)議員とその会派が横行する異常。その中毒症状を治せるかどうかは主権者の意識にかかっていると思う。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR