FC2ブログ

劣化する「報道しないマスコミ」

 このブログでは、北総鉄道の2013年度の決算の数字をすでに明らかにしている。経常利益46億円、純益29億円。ともに過去最高益を記録した。

 これは、北総線の運賃値下げの可能性、および、自治体からの補助金の必要性を考える際の基礎資料となる、という意味で、重要な数字であり、ニュースでもある。

 しかし、いまだ北総鉄道の2013年度の経常利益、純益を報道しているマスコミはない。

 すでに1週間前(2014年6月中旬)Iまでに、株主である県や沿線6市の総会招集通知の添付資料として郵送されている。にもかかわらず、新聞は報道しない。
 なぜか。

 それは、北総鉄道が、「総会の1週間後に報道発表する」ということにしているから、らしい。企業の情報操作に、マスコミが従順に従っている。

 株主にはすでに印刷物資料として郵送されている数字なのに、それを北総鉄道は、わざわざ1週間後に発表する。それにマスコミがお付き合いする必要はない。県や沿線自治体から資料を入手して、読者のために可能な限り迅速に、「46億円」、「29億円」、という数字を報道するべきだ。「印西市に届いた北総鉄道の株主総会資料によれば」、という形で報じることができるはずだ。

 読者のための速報性を放棄したマスコミ。読者の速報需要よりも、情報を流すタイミングを操作したい会社の「顔」を立てることを優先する。マスコミが劣化している、と言わざるを得ない。
スポンサーサイト



コメント

Secret

東京新聞にのってましたよ

Re: タイトルなし

> 東京新聞にのってましたよ

 今回、北総鉄道の株主総会のタイミングでいくつかの新聞が北総鉄道の決算を載せましたが、それは、雨宮議員と私が情報提供したからです。

 本当は、株主総会の招集通知が県と沿線各市に届いた段階で「経常利益46億円、純利益29億円」という数字は明らかになっていたのだから、たとえ北総鉄道側から発表がなくても、その段階で書くべきだったはずです。

 ちなみに、決算は通常、株主総会よりも前に会社からマスコミに発表されます。決算のマスコミ発表が株主総会の後になっていること、株主総会がマスコミに公開されていないこと、など、北総鉄道という会社は「閉じられた会社」になっています。第三セクターなのだから、「開かれた会社」に変えていく必要があります。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR