FC2ブログ

請願は人類の遺産

 きょう(2014年6月19日)、長らく印西市政に携わった人と、昨日の請願審査について意見交換した。

 請願は、マグナカルタ以来、800年かけて人類が育て上げた民主主義、自由主義(権力のチェック)の仕組みだ。明治憲法で部分的に採用され、日本国憲法では第16条に書き込まれ、より「権利」としてブラッシュアップされた。

 昨日の印西市議会建設経済常任委員会では、この請願権が封殺された。ゴミ焼却場の予定地の候補地近くに住む住民が、憲法、地方自治法に基づいて議会に提出した請願が、実質審理なく否決された。

 昨日の請願審査が、紹介議員(請願者の代弁をする議員)への質問がまったくなされず、執行部(職員)を呼ばないまま終了したことについて、私がきょう、話をした人は非常に驚いていた。「請願をそんな風に扱ってしまったのか。印西市議会も、来るところまで来た」。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR