FC2ブログ

滝野とNT中央の請願、門前払いの理由

 滝野地区とNT中央北地区の住民から出たゴミ焼却場の建設に反対する請願2本。審議のプロセスは以下の通り。

 滝野地区の請願。まず、紹介議員が請願書を読み上げた。次に、通常であれば、紹介議員に対する質疑、執行部(印西市職員)に対する質疑が実施される。しかし、きょうの請願審査では、紹介議員に対する質問は1つも出ず、執行部は呼ばれてすらいなかった。

 印西市議会経済建設委員会に所属する議員たち、海老原議員、酢﨑議員、大塚議員らは、紹介議員にはまったく質問することなく、紹介議員への質問の時間が終わった後に発言。口々に、「今、印西地区環境整備事業組合の用地検討委員会で公正・中立に審理されているから、市議会が意見を言うべきではない」とする趣旨の発言をした。

 門前払い。用地検討委員会の審理中は、住民の請願を審理できない、という理由で、実質審理しなかった。

 さて、環境組合の用地検討委員会で審理されていれば、市民や議会は意見を言ってはいけないのだろうか。経済建設委員会に所属する議員たちの立論は、破綻していないか。

 詳しく検討していく。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

Secret

Re: タイトルなし

> 山本議員はよっぽど他会派議員に嫌われているのですね。彼からの提案は、何でも否定、無視してやろう、と嫌がらせされているのですね。
> きっと他会派議員もこのブログをモニターしているでしょうから、あえて書きますが、有権者は誰が正しいか、市民の味方は誰か、ちゃんとみてますよ。

 そう。板倉市長、雨宮議員ともども、私は他会派議員から嫌われています。「市民目線」などという、これまでの印西市政においては選挙スローガンでしかなかった考え方をホンキで市政に持ち込んだだめに、非常に嫌われています。

 板倉、雨宮、山本からの提案は多数の力ですべてつぶしてやろう、という空気が印西市議会には満ちあふれています。

 ハッキリしていて、実に分かりやすい。市民の皆さんにも分かりやすい人たちではないでしょうか。ぜひ、ウォッチングしてください。十分に楽しめます。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR