FC2ブログ

一票の格差、自民党が陳謝

 千葉県議会で昨日(2014年6月17日)に開催された定数検討委員会で、自民党が陳謝した、という。党内に「A案」「B案」という2案があり、昨日の委員会までに会派の意見が一本化できなかった。「次回までには、なんとか調整したい」と自民党の委員は述べた、と朝日新聞にある。

 千葉県議会の絶対過半数を占める自民党が、昨日に委員会までに一本化できなければ、現在の定数、選挙区のまま来年の統一地方選挙に突入する、という見方があったが、7月2日に再度、委員会が開催されることになった。

 県議会も、多少は世間体を気にしているようだ。それも、そのはず。現在の「2.51」(0.39)という格差は、定数不均衡の許容限度とされる「2」(0.5)を大幅に超えており、次回の県議選で不均衡が是正されなければ、違法・違憲、という批判を免れない。さらに、印西市は今後も年間で1000人以上の人口流入が確実で、格差は次の4年間でさらに広がる。そうなると、定数不均衡訴訟が提起された場合、千葉県議会議長は苦しい裁判を強いられることになる。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR