FC2ブログ

民間プールで授業、18日から②

 今回の、スポーツクラブにおける水泳の小中学校授業。当初は、財政的な観点(税金の無駄遣いの回避)でスタートしている、と思われるが、このプロジェクトは大きな可能性を秘めている。

 水泳の指導、という領域は、公教育よりも民間が強いノウハウを持っている。残念ながら、小中学校の水泳の授業だけで泳げるようになった、という話を聞かない。今回の企画は、公教育の側が民間の中にある教育技術を取り入れるチャンス、と捉えるべきだ。

 今後、水泳にとどまらず、英語でも公教育は民間から技術を導入しなければ立ちゆかない。印西市の小学校では、まだほとんど始まっていない英語教育。英語の専門家としてトレーニングを受けた先生が皆無に近い状況の中では、今後10年ほど、印西市の小学校は、民間の指導力のアウトソーシングに頼らざるを得ないだろう。
スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR