FC2ブログ

プールと教室エアコン

 小規模校でプールが老朽化した時、印西市教育委員会では、大規模改修または新築を思いとどまり、民間プールを借りて小中学校の水泳の授業をする、という知恵を絞った。もし、数千万円の予算をつかったうえで廃校になれば、予算の無駄になってしまうからだ。

 では、教室エアコンはどうか。やはり、廃校論議がある小規模校へのエアコン設置を躊躇するのは、市民の税金を預かる公務員としては当然ではないだろうか。これは「不平等」なのか。

 たとえ1年でも、時間を稼いで、廃校か存続か、見極めたうえでエアコンを設置したい。これは、当然の知恵ではないだろうか。

 廃校論議にまつわる財政合理性は無視して、「同時に」、というわけにはいかない。常識的には。
スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR