FC2ブログ

スポーツクラブで水泳の学校授業②

(「スポーツクラブで水泳の学校授業①」より、つづく)

 そこに、板倉市長が就任してからボランティア方式で再開されたプール開放事業に協力してきたジョイフルホンダ・アスレティッククラブのプール施設に教育委員会スタッフは注目した。今年、2校の水泳の授業は、スポーツクラブが休業する金曜日に、プールを借りて実施することになった。ただプールを借りるだけではなく、水泳のコーチによる指導もお願いすることになった。

 民間が進んでいる、と言われる水泳指導の分野において、公立小中学校の先生たちがノウハウを吸収するチャンスだ。

 いや、ちょっと待て! 議会で多数を占める山﨑派によれば、教室エアコン設置をはじめとするあらゆる教育政策は、何でも「平等に」「同時に」やらなければならないのではないか? 2校の児童・生徒だけ、スポーツクラブのコーチの水泳指導を受けることができるのは、不平等ではないか。印西市教育委員会は、この水泳授業を中止しなければならないのだろうか。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR