FC2ブログ

少なくとも言えること(まとめ)

 ここ1週間ほど、このブログの記事で、印西市社会福祉協議会本埜支部の活動を論じてきた。市議会議員が支部長を務める社協支部。市議が企画を練り、先導して行われた食事会では、ホテルのバイキングの代金のうち、半分を社協支部が補填した。支部が補填した、ということは、組織的には支部長が補填した、ということにならざるをえないだろう。

 バスの代金がどうなっているのか、については明日、印西市社会福祉協議会に問い合わせることにする。

 いずれにせよ、2013年10月、40人ほどのお年寄りを連れて市議がホテル日航成田で実施したホテルバイキングの食事ツアーの参加費が1000円だったことは間違いない。複数の参加者から取材した。

 これが法的にどうなるのか。もし、問題ないのであれば、市議はみんな「オレもやる」ということになるだろう。印西市選管の見解にも注目したい。

 少なくとも言えることは、市議が社協支部長として実施したホテルバイキングの日帰りツアーにおいて、約40人の印西市民が、実費2000円の食べ報道の昼食を、参加費1000円で食べた、ということだ。そして、選挙運動まがい、後援会活動まがい、買収まがいの供応が行われ、参加した市民が問題に巻き込まれている、ということだ。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

県の選管の見解では違反する。とのこと、印西市の見解は? 週明けにボス議員にお伺いをたてるのか。
自分で判断出来ない選管は存在する意味がない。
給料をもらうためだけの組織?
なんとものどかな町だ。

Re: No title

> 印西市の見解は? 週明けにボス議員にお伺いをたてるのか。
> 自分で判断出来ない選管は存在する意味がない。
> 給料をもらうためだけの組織?
> なんとものどかな町だ。

 県に、総務省に、見解を聞く。判例を調べる。顧問弁護士や市と関係がある弁護士に見解を聞く。これらは、基礎作業としてやるべきですが、最終的には、おっしゃるように印西市選管が違法か適法かを判断するべきなのです。違法であり、悪質である、ということになれば、どうするかも当然、印西市選管が勇気を持って判断するべきでしょう。
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR