FC2ブログ

問題の社協支部、支部長は?

 印西市社会福祉協議会について、私がつかんだ事実は、虚偽情報ではない、ということが印西市などで確認できたので、ここ数日、このブログで論じてきた問題を抱える社協支部、支部長を具体的に書く。

 印西市社会福祉協議会本埜支部。支部長は近藤瑞枝議員。

 バス2台にお年寄りを80人乗せてバス旅行に連れて行く、ということを今年度、2回、実施する。支部の予算の3分の2を使う。今年な市議選前年の年。後援会のバス旅行まがい、と言われても仕方ないし、公職選挙法違反の寄附に該当する可能性もある。

 極めて残念な事態だ。税金、そして市民から「会費」(いわゆる「社協募金」)で成り立っている社協の財政支出が、あまりに緩い。

 その緩い社協の財政を誰がチェックすることになっているのか? それは、近藤議員をはじめとする市議会議員の職務なのだ。双方代理をしていては、チェック機能は働かない。自分が支部長として決めた印西市社会福祉協議会本埜支部のバス旅行について、近藤議員が疑問を持ったりチェックしたりするはずもないのである。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

社協の職員の給料の資金源はどうなっているのでしょうか。支部長も給料をもらっているのでしょうか。

No title

バス旅行に連れていって貰った人達は、とても感謝するでしょうね。
さすが、私たちの先生だと。

少なくとも私がそんな特権的厚遇を受けたら、支部長ありがとう、来年もよろしくね、応援してます、という気持ちになります。

No title

法律に反しているわけでもないし、議会の決まりでも禁止されてないので、現時点で何の問題もない。

のでしょうか?
プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR