FC2ブログ

「民主主義の希望」としての討論

 討論が議会において特別なのは、討論が「民主主義の希望」であるからだ。

 渾身を込めて討論をする。その結果、当初は反対していた側の議員の判断が変わる可能性がある。これが、民主主義の前提だ。

 たとえ、圧倒的多数が間違ったことを言っていても、1人が間違いに気づき、討論で同僚議員を説得すれば、正しい意見が多数になり、議会の意思になる可能性がある。これこそが、時間をかけて民主主義の手続きを実践していく根拠であり、「民主主義の希望」なのだ。

 少数派に十分に語らせない議会は、民主主義の議会ではない。だからこそ、多くの、まともな議会人は、結果的に少数派の発言機会を奪ったり減らしたりするルール変更に慎重だ。審議ルールを変える時には、議会運営委員会や全員協議会で何度も時間をかけて、全会一致によって決める。

 印西市の議会運営委員会は、今回の討論時間制限を決めるまで、何度集まっただろうか。全会派の一致は得られたのだろうか。私は議会運営委員ではないので、今後、議事録などで議会運営委員会の議論を詳細に検証していくことにしたい。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR