FC2ブログ

ハムレットの独白の結び

 このブログに時々、目を通してくださっている方(おそらく、美学・文学・哲学など人文科学を専門にしている方)から、ハムレットの独白について、レスポンスをいただいた。

 「文学と政治」が交錯する珍しい例なので、もしかすると人文科学の専門家にとって、おもしろいかもしれない、と思ってメールを一本、差し上げたところ、、ブログ、「エストリルのクリスマスローズ」の記事の中で、私のブログ記事についてコメントをいただいた。(同ブログの2014年5月16日の記事を参照)。「エストリルのクリスマスローズ」は、私の、このブログからリンクが張ってあるので、クリックするだけで訪問することができる。

 ハムレットの独白の結びが、次のようになっていることを教えていただいた。

 不安が決断を鈍らせ
 杞憂が人を臆病にする
 壮大な志は
 正しい道からそらされて
 実現されるということがないのだ


 ここまでハムレットに言わせなければならないほど、ここまでハムレットが絶望しなければならないほど、人間は「不安」や「杞憂」に陥りがちになり、結果として「正しい道」からそらされて、「壮大な志」は実現されることはない、ということなのだろうか。

 しかし逆に、「不安」や「杞憂」に打ち勝てば、「正しい道」を歩むことができる、と読むことも可能なのではないだろうか。

 大学時代の恩師の一人、小田嶋雄志が翻訳した『ハムレット』、もう一度、読み返してみることにしたい。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

>逆に、「不安」や「杞憂」に打ち勝てば、「正しい道」を歩むことができる、と読むことも可能なのではないだろうか。

私もそう思います。
全く同感です。
意志は
必ずやそれを乗り越えるものでしょう

私の問いかけに
あまりに共感するご回答
そして
ブログを拝見するにつけ
垣間見える
優れた資質を多く兼ね備えられた
山本様のお姿
PCのこちら側からいつも
応援しています・・・。

※上記はあくまで原書からの私訳で
私の頑なな美への拘りから
意訳に過ぎる部分も否めません
スミマセン。


プロフィール

山本 清

Author:山本 清
08035905526
inzaiyamamoto@gmail.com
21年前に千葉ニュータウン本埜村滝野の住民になり、合併問題(市町村合併に一部の政治家が反対した問題)を機にリコール事務局長を務めて本埜村議になり、合併後は印西市議に。東大法卒。元新聞記者。現在は印西市内で英語教室を経営。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR